輪郭がシャープな人は、丸っこいメガネ

メガネを選ぶとき、大事なのは色より形です。自分の顔の輪郭に合った形状を選びましょう。ポイントは、顔の形とメガネの印象を反対にすることです。三角形や四角形に近い顔の場合、「シャープ」や「硬派」なイメージのある「スクエア型」は避け、楕円状の「オーバル型」にしましょう。顔の角張った印象を、丸っこいフレームが中和してくれます。ほかには、「ラウンド型」もおすすめです。円形フレームが親しみやすい雰囲気を醸し出してくれます。エラが張っている、あごが尖っているなど、顔の輪郭にコンプレックスのある人は、ラウンド型メガネに挑戦してみてはいかがでしょう?オーバル型とラウンド型の中間ともいえる「ボストン型」も、取り入れやすくておすすめです。

輪郭が丸っこい人は、シャープなメガネ

顔の輪郭が丸に近い人には、スクエア型のメガネがおすすめです。フレームまで丸いと、顔の輪郭が強調されすぎてしまいますが、スクエア型フレームならバランスを取ることができます。三角形・四角形の顔の人だと、スクエア型メガネで鋭く硬いイメージが増幅されてしまう一方、丸顔の人ならほどよくシャープな印象になるんです。ほかには、下の辺が短い台形のような「ウェリントン型」もおすすめ。スクエア型のシャープさを残しつつ、カッチリしすぎない印象なので、ビジネスシーンにもプライベートにも合わせられます。伝統的な形のフレームではありますが、適度な「ヌケ感」があるとして、近年ではファッション誌でも多く見られます。シャープさと親しみやすさのバランスを取りたい人には、ウェリントン型がおすすめです。